初心者映像ノート

映像とは?

殆んどの家庭に普及しているテレビによってどんな人でも簡単に観るコトが出来る映像は大衆娯楽として瞬く間に一般家庭に普及していきました。特にその映像を映し出すテレビの普及率は目覚しいモノがあり、近年では1家に1台ではなく1人1台の勢いで普及しつつあります。特に最近はテレビ放送を地上デジタル放送に完全移行する事を目的にしているため、地デジ対応テレビの普及が爆発的に広まり、各家庭でより高画質な鮮明で鮮やかな映像を観る事が可能になったのです。
今でこそ映像と言えばテレビ放映の事が当たり前ですが、日本においてテレビが普及し始めたのは第2次大戦後の事で、それ以前は映像といえば白黒の映画が主流で、当時の映画は映像が悪く白黒で音声も無いか合ったとしてもノイズが入っていたりと聞き取りにくかったそうです。戦前の1937年にはドイツでカラーフィルムは一応存在はしていたモノの、当時は映像機器があまり浸透してい事とカラーフィルム自体の生産にかなりのコストが掛かる事から大衆には普及せず、当時の一部の映像愛好家が使用する高級フィルムとして扱われています。防犯カメラなんて物はその時代にはありませんでした。
戦後、日本が高度成長期に入ると「洗濯機」「冷蔵庫」共に「白黒テレビ」は電化製品の「3種の神器」と呼ばれ一般家庭に浸透していきます。しかし当時のテレビは未だに高価で一部の財産に余裕の在る人たちが購入する程度の普及率で、すべての一般家庭に普及するにはまだ色々な問題が存在しました。特にテレビは洗濯機や冷蔵庫と違い、電気があれば動くモノではなく放送の受信が出来ないとテレビとしての意味はありません。しかも当時のテレビの放送範囲は非常に狭く、また放送を行っていた地域も放送局から近い範囲でしか受信出来ないため中々地方にまで普及が難しい現実も在りました。
その後、放送範囲の拡大のために各地に電波塔が建ってくると地方にも次第にテレビが普及し始めて来るようになりますが、各家庭に1台と言うくらいの普及率になるには至りませんでいた。しかし、人々が在る映像を観るためにテレビが途方にも爆発的な普及が起こります。それが皇太子殿下ご成婚(ミッチーブーム)でした。敗戦後の日本人にとって皇室のお祝い事は経済成長の発展と共に大いに喜ばしい事だったのです。その映像が日本中のテレビで放送される事を知った人々がテレビを買い求め日本中にテレビが爆発的に普及するコトになるきっかけになりました。その後、各家庭に普及していった時代の流れと共にテレビも白黒映像からカラー映像が標準になり、今では映像の基準がハイビジョンやデジタルハイビジョンになり、更に最近では立体映像まで可能に出来るくらい現代のテレビの映像技術は発達し、近い将来テレビが映像を表示するのではなく、映像が完全再現されるのがテレビとして認識される位進化していく事でしょう。

check

安心アトピー洗剤
http://www.mom.co.jp/
バリ絵画を飾る
http://www.rakuten.co.jp/bulandibali/
スマホの高値買取
http://haixiatongxin.sakura.ne.jp/
高崎市の一戸建てを探す
http://www.beagle-one.com/
おしゃれなコスチュームジュエリー
http://www.charmerstop.com/

映像とは?映像の編集映像の種類映像の種類2機器(テレビ)録画驚きの映像映像Q&A

Copyright (C)初心者映像ノート 2009 All rights reserved.
当サイトはリンクフリーです。